nutanix

ニュータニックス・ジャパン、「Enterprise Cloud Association」を設立 ビジネススピードに対応できる企業のITインフラ構築を推進

ITインフラの「リ・プラットフォーム」の重要性を訴求。

圧倒的な効率性と安定性、柔軟性と拡張性、導入容易性を併せ持つ、

「Webスケールアーキテクチャー」を推進。

 

ニュータニックス・ジャパン合同会社 (本社: 東京都千代田区、社長: 町田 栄作) は本日、日本企業のビジネス競争力の向上に貢献し、ビジネススピードに対応できる企業ITインフラの実現に向けて、「Enterprise Cloud Association」(所在地: 東京都千代田区) を設立したと発表しました。

 

「Enterprise Cloud Association」は「Webスケールアーキテクチャー」を基盤とした企業ITインフラの仕組みづくりを推進し、日本企業のビジネス競争力向上を支援するために、ハイパーコンバージドインフラストラクチャー市場をけん引してきたニュータニックス・ジャパンが設立しました。

 

設立の背景

クラウドとモバイルの普及により、企業はデジタル変革に迫られており、日本企業のITの在り方は大きく変わったといわれています。従来、情報システム部門の役割は、システムを安定して運用することや保守運用コストを削減することでしたが、現在はそれに加えてビジネスの現場が求めるシステムリソースやインフラを迅速に提供することが必須となってきています。つまり、導入が容易で、迅速なサービスデリバリーやスモールスタートを実現し、かつ柔軟な拡張性を備えるシステムが求められています。

 

このような背景から、標準的なインテルアーキテクチャー (IA) サーバー上に分散型ストレージの技術を活用したソフトウェアを搭載し、汎用的なサーバー、ストレージ、ネットワークに加えて、仮想化ソフトウェアや管理ツールなどを組み込んでパッケージ化したハイパーコンバージドインフラストラクチャー (HCI) が脚光を浴びてきました。

 

HCIはさらに進化し、サイロ化されたリソースを共有化し、それを要求に応じて活用することができる利便性の高い企業ITの統合プラットフォーム、「エンタープライズクラウドプラットフォーム」へと発展しています。ネットワークの可視化機能やセキュリティ管理、異なるベンダーの技術スタックを統合する豊富なAPI群の提供により、クラウドが持っている利便性を担保しつつ、企業内のインフラでWebスケールなプラットフォームを活用することを実現しています。

 

日本国内において「エンタープライズクラウドプラットフォーム」に対する関心は最近高まりつつあり、ITシステムの「リ・プラットフォーム」という概念は企業に浸透しつつあります。しかしながら、これらの技術は今までは主に大規模パブリッククラウド環境で採用されてきた技術であり、企業のオンプレミス環境で採用する事に関して十分かつ正しい情報を持っていないエンドユーザーやパートナーが多いのが現状です。

 

こうしたことから、「Enterprise Cloud Association」は日本におけるHCIの技術とエンタープライズクラウドプラットフォームの普及促進、さらにはその広範囲なエコシステムの構築を図るとともに、企業のIT予算における新しいテクノロジーへの投資を増やし、企業競争力を高めることを目的として設立されました。

 

「Enterprise Cloud Association」の活動例

 

  1. HCI構築に向けて必要なソリューションの概念実証、動作検証などの実施
  • 汎用的なサーバーの相互運用性と実装可能なエンタープライズクラウドアプリケーション (ソフトウェア) の実行環境を検証。
  1. HCIとエコシステムパートナーソリューションのAPIを介しての連携を検証
  • バックアップやディザスタリカバリ、セキュリティ、ネットワーク、オートメーションなどのエコシステムパートナーのソリューションとAPIの連携を検証
  1. HCIを利用したシステム構築から運用までのベストプラクティスの策定
  • 仮想デスクトップでのHCIの利用から、企業のITシステムのリソースのプール化を実現するシステム基盤としてのHCIの利用、さらにはIaaSとしてエンドユーザーへのサービス基盤としてのHCIの利用など、多くの事例を紹介。
  1. HCI環境とクラウドとの統合、ネットワークの仮想化、仮想GPUの実装、エンタープライズ・アプリケーションのHCI上での稼働など、Enterprise Cloud Association参加各社のソリューションの組み合わせを検証する分科会の実施
  • AWSやMicrosoft Azureをはじめとするパブリッククラウドとのシームレスな連携、あるいはHCI環境の連携による中堅中小企業向けにディザスタリカバリの実装を可能にするソリューションを推進。
  • 製造業のお客様向けに、仮想GPUが必要なアプリケーションとHCIの統合を推進。
  • 同じネットワークをさらに論理的に分割することで高いセキュリティを確保する「マイクロセグメンテーション」機能のHCI環境での適用を推進。
  1. お客様向けのセミナー、技術者同士の座談会、パネルディスカッションなどの交流会の開催

 

 

参加企業 (2017年5月16日現在、敬称略、五十音順)

 

エヌビディア合同会社

CommVault Systems Japan株式会社

シトリックス・システムズ・ジャパン株式会社

新日鉄住金ソリューションズ株式会社

ソフトバンク コマース&サービス株式会社

TIS株式会社

東京エレクトロン デバイス株式会社

日商エレクトロニクス株式会社

株式会社ネットワールド

レノボ・エンタープライズ・ソリューションズ株式会社

(以上)

 

 

Nutanix Inc.について

Nutanixは、ITインフラストラクチャーをその存在さえ意識させない「インビジブル」なものに変革することで、企業のIT部門が、ビジネスに直結したアプリケーションやサービスの提供に注力できるようにします。Nutanixのエンタープライズクラウドプラットフォームは、Webスケール技術とコンシューマーグレードなデザインによって、サーバー、仮想化機能、そしてストレージを、耐障害性能に優れ、ソフトウェアデファインドで高度なマシン・インテリジェンスを備えたソリューションです。広範なエンタープライズ・アプリケーションに向け、予測可能なパフォーマンス、クラウドのようなリソース活用や強固なセキュリティ機能、さらにシームレスなアプリケーションモビリティ機能を提供します。詳細については、www.nutanix.jp をご覧いただくか、Twitterをフォローしてください (@nutanix)。

 

 

報道関係者お問い合せ先

ニュータニックス・ジャパン合同会社 広報代理

ホフマンジャパン株式会社

担当:      上田 / 笠羽 / 安藤

TEL:      03-5159-5750

Email:   NutanixJP@hoffman.com

 

© 2017 Nutanix, Inc. All rights reserved. NutanixおよびNutanixのロゴは、米国およびその他の国におけるNutanix, Inc.の登録商標です。本リリースに記載されているその他すべてのブランド名は、識別目的でのみ使用されており、各所有者の商標である可能性があります。