Menu

Nutanix、エンタープライズ・クラウド・プラットフォームを 物理アプリケーションとコンテナ化アプリケーションに拡大、 さらなる新境地を開拓

*本リリースは米国カリフォルニア州ラスベガスで現地時間2016年6月21日に発表されたプレスリリースの翻訳版です。

 最新のAcropolisサービス、セルフサービス機能、およびオールフラッシュ・プラットフォームによって、

進化したプラットフォームがサイロ化されたハイパーコンバージド・ソリューションとオールフラッシュアレイ・ソリューションのコモディティ化を実現

Nutanix Inc.(本社:米国カリフォルニア州、創業者兼CEO:Dheeraj Pandey 以下、Nutanix)は2016年6月21日、同社の年次イベント「.NEXTカンファレンス2016」において、画期的なプラットフォーム機能を発表しました。これらの新機能は、アプリケーションの世代交代のたびに生まれるITサイロを解消し、開発部門と運用部門のニーズを適切に両立させて、異なるベンダーのテクノロジースタックを統合します。デジタルを原動力とするイノベーションの時代において、企業はAWSのようなパブリッククラウド企業を手本とし、新たなITサービスの提供と、ビジネスに求められるセキュリティと管理を維持することが必須要件として求められます。Nutanixは単一製品のハイパーコンバージド・インフラストラクチャー・ベンダーから脱却し、すべてのアプリケーションを実行し、すべてのユーザーに価値を提供し、他の一般的なテクノロジースタックとも連携する、広範なプラットフォームを提供する企業へと進化します。「.NEXT カンファレンス2016」で紹介された新機能は、以下の通りです。

Nutanixは仮想化されたワークロードだけでなく、すべてのワークロードに対応

従来型のインフラストラクチャーはこれまで、アプリケーション・アーキテクチャーの急速な革新とアプリケーション要件の多様化への対応に悩まされてきました。Acropolis Container Services(ACS)により、コンテナ化されたアプリケーションと新たなマイクロサービス・アーキテクチャーは、今後Nutanixプラットフォーム上で導入可能です。ACSはパーシステントストレージを提供できるため、パーシステントストレージが必須のアプリケーションで仮想化を使用するか、他のアプリケーションでコンテナ化を行うかの、DevOps環境で二者択一を強いられることがなくなります。従来型のアプリケーションも次世代アプリケーションも、NutanixのWebスケール・プラットフォームの誇る充実したストレージ性能、容量の最適化、データ保護の各種機能を活用できます。

現在はサービスの大半が仮想化されており、コンテナへの移行が予想される一方、Oracle RACやDB2などの特定アプリケーションではアプリケーション固有のニーズやライセンスの制約に伴い、今後も物理サーバー上での実行が考えられます。Acropolis Block Services(ABS)を利用することで、Cisco、Dell、Lenovo、HPなどの物理サーバー上で実行されるデータベースは、Acropolis分散ストレージ・ファブリックを直接活用し、最高水準のデータ性能と可用性を実現できます。

Nutanixアプライアンスの全ポートフォリオでオールフラッシュ構成が利用可能になります。インフラストラクチャーの選択肢が広がり、最大のアプリケーション性能を保証できるようになりました。その結果、企業にはEMC、NetApp、Pure Storageのオールフラッシュアレイ(AFA)に代わる、より優れた代替製品が提供されることになります。これら他社のAFA製品は、従来型のデータセンター・アーキテクチャがベースになっており、NVMeなどの最近のハードウェア・イノベーションの価値をフルに活用することは困難です。Nutanixのオールフラッシュノードは、ハイブリッド・アプライアンスに対してわずかな追加費用で提供されます。

開発部門と運用部門のニーズを両立

Nutanixのエンタープライズ・クラウド・プラットフォームにより、データセンターは今後、パブリッククラウドと同水準の自動化機能を実現できます。新しく提供するNutanix Prismセルフサービス機能により、開発者や事業部門のオペレーターはアプリケーションと関連するインフラストラクチャー・リソースのプロビジョニングと管理を直接行えるようになります。同時に、IT管理者は引き続き、インフラストラクチャーを包括的に管理できます。さらに、Prismのワンクリック・プランニングには、NutanixのX-Fitマシン・インテリジェンスをベースとした高度なシナリオベース・モデリング機能が追加される予定です。その結果、データセンター管理者は、IT環境の変更がアプリケーションの性能や可用性に及ぼす影響を事前に予測することが可能となります。

データセンター運用者は、新しいAHV (Acropolis Hypervisor) ダイナミック・スケジューリング機能により、さらにインビジブルな運用が可能となります。この機能は、従来型の仮想化ソリューションのような演算リソースとメモリ・リソースの分析のみならず、ストレージ使用率のリアルタイム分析をも活用し、インテリジェントなVM配置を行うことを可能にします。

最新の統合型ネットワーク可視化機能は、物理ネットワークと仮想ネットワークの両方に対する仮想マシンの接続方法に関して、高い視認性を提供することにより一般的なネットワーク問題の修正作業をシンプル化します。

さまざまなテクノロジースタックとの連携により、選択肢と拡張性を提供

Nutanixのエンタープライズ・クラウド・プラットフォームは、豊富なAPIセットによって拡張可能で、顧客企業やパートナーは強力なWebスケールのプラットフォームを活用できます。複数のハイパーバイザーやコンテナに対応することで、同プラットフォームは容易に拡張可能で、他の専門ソリューションの価値を活用する包括的なクラウドを構築できます。

Nutanix OpenStackドライバーの提供を開始しました。これにより、OpenStackソフトウェアを使用したプライベート・クラウドの構築が容易になり、自動化を実現するOpenStackのサービスとNutanixターンキー型のインフラストラクチャーを一体化できます。

  • Microsoftとの共同エンジニアリング・ソリューションによって、Microsoft Cloud Platform System(CPS)とNutanixのエンタープライズ・クラウド・プラットフォームを一体化しました。Azure型のハイブリッドクラウド環境を実現します。これは、Microsoft SQL ServerやMicrosoft Exchangeなど、高性能と高可用性が求められるエンタープライズ・アプリケーションにとって理想的な環境です。
  • 近日公開予定の最新リリースで、Nutanix PrismはVMware ESXi環境を直接管理できるようになります。この結果、顧客がAcropolis Hypervisorで活用しているものと同一の、ワンクリックのシンプルな管理機能をVMware環境でも利用できるようになり、ハイパーバイザーのコモディティ化をこれまで以上に推し進めることが可能です。

製品の提供時期について

Acropolis Container ServicesとAcropolis Block Servicesは、2016年7月に4.7リリースの提供開始を予定しています。Nutanix Prismセルフサービス機能、シナリオベース・モデリング、AHVダイナミック・スケジューリング、PrismからのESXi管理機能、ネットワーク可視化機能は、順次リリースの予定です。Nutanix OpenStackドライバーは、提供を開始しました。Microsoft CPS on Nutanixは、2016年7月までの提供開始を予定しています。

賛同コメント:

「真のエンタープライズ・クラウド・プラットフォームとは、すべてのアプリケーションで一般消費者と同じレベルでのアプリケーションの使用と操作体験をもたらすものであると同時に、パートナーとユーザーと共同で価値を創出することができるものです。Nutanixは、ITを進化させ、仮想や物理、次世代のクラウドネイティブのワークロードを、単一でシンプルなインテリジェントプラットフォーム上に展開できる唯一の企業です。当プラットフォームによって、パートナーに拡張性を、お客様には完全なる信頼性をもたらします。」

– Nutanix Chief Product & Development Officer、Sunil Potti

「コンテナ化されたアプリケーションが、長期的なデータの永続性と保護、コンテナ対応のデータサービス、精度の高い品質管理やスケジューラとの統合が重要な要素である本番環境で展開された場合、ストレージ管理者はデータ管理を再考する必要があります。」

– Gartner, Inc., Containers Will Change Your Data Center Infrastructure and Operations Strategy、Arun Chandrasekaran, Andrew Lerner, Dennis Smith, March 28, 2016.

「Nutanixはウェブスケール・エンジニアリングを簡素化し、それを非仮想アプリケーションの範囲まで広げ、ストレージビジネスを再び変革しています。Acropolis Block Serviceを使用することで、我々のストレージ環境はさらに簡素化し、アプリケーションレベルでの技術革新に注力できるようになりました。」

– アラブ首長国連邦マスダール市 IT Team Leader、Madhu Pajeer

「コンテナ化されたアプリケーションは、急速に次世代アプリケーションのシンプルな展開のためのプラットフォームとして認識されつつあります。パーシステントボリュームを備えるその他のアプリケーションについても同様です。Nutanix ACSは、パフォーマンスや可用性、容易なスケーラビリティの観点から、コンテナ化されたアプリケーションの世界に導く最良のエンタープライズクラスのストレージ機能を実現しています。」

– Hexaware Technologies IMS担当シニアバイスプレジデント、Hemant Vijh

「昨年、Nutanixのプラットフォームを導入以来、パフォーマンスと採算性を向上させながら運用コストを削減することができました。新しいセルフサービス機能の持つ可能性は疑う余地もありません。新しいポータルは最新のアプリケーション実装の編成を可能にし、運用の最適化を実現してくれます。」

– Applied Innovations CEO、Jess Coburn

(以上)

 Nutanix Inc.について

Nutanixは、ITインフラストラクチャーをその存在さえ意識させない「インビジブル」なものに変革することで、企業のIT部門が、ビジネスに直結したアプリケーションやサービスの提供に注力できるようにします。Nutanixのソリューションは、Webスケール技術とコンシューマーグレードなデザインによって、サーバー、仮想化機能、そしてストレージを、耐障害性能に優れ、ソフトウェア・デファインドで高度なマシン・インテリジェンスを備えたソリューションとして統合しています。広範なエンタープライズ・アプリケーションに向け、予測可能なパフォーマンス、クラウドのようなリソース活用や強固なセキュリティ機能、さらにシームレスなアプリケーションモビリティ機能を提供します。詳細については、www.nutanix.jp をご覧いただくか、Twitterをフォローしてください (@nutanix)。

報道関係の方からのお問い合せ先

ニュータニックス・ジャパン合同会社 広報代理 (ホフマンジャパン株式会社)

担当:   上田 / 笠羽 / 安藤

TEL:    03-5159-5750

Email:  NutanixJP@hoffman.com

© 2016 Nutanix, Inc. All rights reserved. Nutanixは、米国およびその他の国におけるNutanix, Inc.の登録商標です。本リリースに記載されているその他すべてのブランド名は、識別目的でのみ使用されており、各所有者の商標である可能性があります。