nutanix

Nutanix、世界20万社のエンタープライズ・クラウドをサポートする「Nutanix Xpress」を発表

*本リリースは米国カリフォルニア州サンノゼで現地時間2016年5月24日に発表されたプレスリリースの翻訳版です。

 中堅・中小企業対象のハイパーコンバージド・ソリューションを提供開始

Nutanix Inc.(本社:米国カリフォルニア州、創業者兼CEO:Dheeraj Pandey 以下、Nutanix)は2016年5月24日、Nutanixのエンタープライズ・クラウド・プラットフォームの処理能力を、中堅・中小企業に提供するための新たなソリューション「Nutanix Xpress」を発表しました。「Nutanix Xpress」の運用は非常に簡単なため、ITプロフェッショナルが一人いれば、組織全体のITインフラストラクチャーをインストール・管理できるため、売上に直接影響を及ぼす活動に貴重な時間を費やすことが可能となります。

中堅・中小企業が直面するIT課題

 地域のメーカーや法律事務所といった中規模企業の場合、仮想化、サーバー、ストレージ、バックアップのインフラストラクチャーに関連する異種混在の専門的かつ複雑なテクノロジーの管理をはじめとする、社内のあらゆる技術サービスについてはITジェネラリストが少人数体制で担当するのが一般的です。チームのIT担当ディレクターは、横ばいの予算とインフラストラクチャーが抱えるクリティカルな課題とのバランスに悩まされながら悪戦苦闘しています。例えば、5年前に導入したSANの容量が限界に近づいた時やサポートの終了時期に近づいた時、どうすべきでしょうか。自社のクリティカルなアプリケーションの最新版をサポートするため、旧型のx86サーバーをどのように同時にアップグレードするのでしょうか。そして、企業のデータがパブリック・クラウドに完全にバックアップされていることをどのように確かめるのでしょうか。

大規模企業では、自社のデータセンター・インフラストラクチャーを再構成することで、こうした課題に対処することができます。しかし、中・小規模の組織の場合、コスト負担とトレーニング要件の制限から、こうした大胆な変更を行うことはできません。より低コストでシンプルなソリューションが利用できなければ、中堅・中小企業はこの先もますます遅れを取り、大企業と効果的に競合することは不可能です。

こうしたテクノロジーの溝を埋めるため、Nutanixは、中堅・中小企業を対象に、以下の特長を備えるNutanix Xpressの提供を開始しました。

 オール・イン・ワン型ソリューション:包括的なハイパーコンバージド製品として、サーバー、ストレージ、仮想化をネイティブに統合し、5~500台の仮想マシン(VM)をサポートできる単一の省スペース型プラットフォームにより、インフラストラクチャー・スタックを大幅に簡素化します。パフォーマンスと信頼性にも実績があり、複数の役割を兼務するITジェネラリストでも、あらゆるインフラストラクチャー・ニーズにさらに容易に対応できます。

  • プラグ・アンド・プレイ:すべてのソフトウェアは工場でプレインストールされており、中堅・中小企業向けのほとんどの仮想化アプリケーションを60分未満で実行できます。
  • 組み込み型仮想化機能:組み込み型Nutanix AHV(Acropolis Hypervisor)と強力なVM管理機能により、高価なハイパーバイザーのライセンスコストが不要となり、ソフトウェア・コンポーネントを追加でインストール・管理しなくてすみます。
  • 将来対応:Amazon Web Services(AWS)やMicrosoft Azureなど、パブリック・クラウド・サービスへの容易なデータ・バックアップにより実践的なクラウド戦略を遂行できます。
  • 3年間のサポート:Nutanixの技術部門とIT専門家から成るNutanix NEXTコミュニティによるサポートが提供されます。

Nutanixのプロダクト・マネジメント担当バイスプレジデントであるRaja Mukhopadhyayは、次のように述べています。「Nutanix Xpressは、ハイパーコンバージェンスのメリットをあらゆる規模の企業にお届けするという、当社の長期戦略の次の一歩です。Nutanix Xpressは、専用の技術ロードマップを備えたNutanixの新たな製品ラインです。こうした新たな取り組みを後押しするため、Nutanixはチャネルと共同で新しい市場参入戦略を構築し、追加のトレーニングを開発、自社の誇る世界トップクラスのサポート部門を増強しています。」

CDW社のデータ・ソリューション部門シニアカテゴリー担当マネージャーであるKevin Kaiser氏は、次のように述べています。「小規模企業は、ITの板挟みに直面しており、広大なインフラストラクチャーと多岐にわたる管理ソリューションに悩まされています。しかも、ハイパーコンバージド製品などの次世代ソリューションの導入の選択肢は極めて限られています。Nutanixと協力し、当社のお客様に新たなXpressソリューションを提供することで、拡張性に優れた最適化されたインフラストラクチャーの構築をサポートすることに、極めて大きな機会を見出しています。」

製品の提供時期と価格について

 Nutanix Xpressは、全世界のNutanixの正規リセラーとディストリビューター全社を通じ、2016年7月に提供開始する予定です。Nutanix Xpressベースのソリューションは今後、Lenovoなど、NutanixのOEMパートナーによって提供される予定です。米国での最終顧客向けの価格は、25,000米ドルからを予定しており、これには中小・中堅企業のニーズに特化したNutanixサポートも含まれます。

Nutanix Xpressの詳細についてはこちらのサイト(英語)をご覧ください。

(以上)

 Nutanix Inc.について

Nutanixは、ITインフラストラクチャーをその存在さえ意識させない「インビジブル」なものに変革することで、企業のIT部門が、ビジネスに直結したアプリケーションやサービスの提供に注力できるようにします。Nutanixのソリューションは、Webスケール技術とコンシューマーグレードなデザインによって、サーバー、仮想化機能、そしてストレージを、耐障害性能に優れ、ソフトウェア・デファインドで高度なマシン・インテリジェンスを備えたソリューションとして統合しています。広範なエンタープライズ・アプリケーションに向け、予測可能なパフォーマンス、クラウドのようなリソース活用や強固なセキュリティ機能、さらにシームレスなアプリケーションモビリティ機能を提供します。詳細については、www.nutanix.jp をご覧いただくか、Twitterをフォローしてください (@nutanix)。

 

報道関係の方からのお問い合せ先

ニュータニックス・ジャパン合同会社 広報代理 (ホフマンジャパン株式会社)

担当:      上田 / 笠羽 / 安藤

TEL:      03-5159-5750

Email:   NutanixJP@hoffman.com

© 2016 Nutanix, Inc. All rights reserved. Nutanixは、米国およびその他の国におけるNutanix, Inc.の登録商標です。本リリースに記載されているその他すべてのブランド名は、識別目的でのみ使用されており、各所有者の商標である可能性があります。