Menu

ITシステム「2025年の崖」

既存システムが事業部ごとに構築されているため全社的に横断的な活用ができなかったり、過度なカスタマイズで複雑化・ブラックボックス化してしまい、経営・事業戦略上の重大な課題となっている。その原因が「レガシー・システム」と言われている。

こうした課題が解決されなければ、2025年頃までに非常に深刻な事態に直面する可能性があると警告している。

では、いったいどのように取り組めば良いのだろうか?

本ページの最後にある資料をダウンロードしてご覧いただいた方の中から
抽選で20名様に Amazonギフトカード5,000円分をプレゼント

DXを実行する上での現状の課題

2018年9月、経済産業省が、ITシステム「2025年のがけ」の克服とDX (デジタルトランスフォーメーション) の本格的な展開と題する衝撃的なレポートを発表した。

このレポートによると、多くの経営者は、将来の成長や競争力強化のために、DXの必要性は理解しているが、まだDXを実現できたおらず、このままゆくと、2025年以降、年間最大12兆円(現在の3倍)の経済損出が生じる可能性があると警告している。

その理由には、レガシーシステムによるブラックボックス化と複雑化が指摘されており、この課題を解決できなければ、企業ユーザとベンダーの双方にとっての課題が生じるとも述べられている。

DX実現に向けた2025年までの理想的なシナリオ

同レポートで示されているDX実現シナリオによると、あらゆるユーザ企業が “デジタル企業” に変革するその過程で、複雑化・ブラックボックス化したレガシーシステムについて、廃棄や塩漬けにするものなどを仕分けながら、必要なものについて刷新することで、2030年実質GDP130兆円超の押上げを実現することを提言している。

その対策として、企業ユーザとベンダーがそれぞれ取り組むべき対策があるとしている。
企業ユーザの技術的負担を解消しつつ、クラウドや共通プラットフォームの活用による投資の効率化がその一例である。ユーザ企業は柔軟にビジネスの変化に対応する一方、ベンダー自身もクラウドベースのアプリケーション提供型ビジネス・モデルへ転換するシナリオについて触れられている。

Enterprise Cloud OS による DXシナリオ

クラウドソフトウェアとハイパーコンバージドインフラストラクチャー(HCI) ソリューションをグローバルに提供する Nutanix (ニュータニックス ) は、Nutanix Enterprise Cloud OS ソフトウェアを活用した共通プラットフォーム化を可能にし、パブリッククラウド、プライベートクラウド、分散型エッジクラウドを対象に、迅速かつシンプルなワンクリックのアプリケーション管理とモビリティを実現します。
Enterprise Cloud OS を活用すれば、クラウドの現状と問題点の把握、セキュリティ対策やガバナンス管理、変化に迅速に対応できるDX推進が可能になります。

ITインフラやデータセンター、クラウドなどを意識せず、企業のIT部門がビジネスに直結するサービス提供に注力できる、これまでにない新しいクラウド環境を実現。

 

詳細は各種レポートをご覧ください。

◆キャンペーンについて

賞品:

抽選で20名様にAmazonギフトカード5000円分をプレゼント

応募方法:

本ページに掲載している上記資料のうち2つ以上の資料をダウンロードいただいた方
*資料ダウンロードの際に入力いただくお客様情報は、同じ内容をご入力ください。

応募期間:

2018年12月21日(金) 23:59 までに資料をダウンロードいただいた方

抽選・当選発表:

当選者の発表は賞品の発送をもってかえさせていただきます。

個人情報について:

ご記入いただいたお客様の個人情報については、当社 (ニュータニックス・ジャパン合同会社)の「プライバシーポリシー」 に従い、適切な管理と必要な保護を行います。