Menu

NetsilがNutanixのファミリーに

*本内容は米国で現地時間2018年3月12日に掲載されたブログの参考訳です。
原文はこちらをご確認ください。

Rajiv Mirani, CTO, Cloud Platforms, Nutanix
Harjot Gill, Founder and CEO, Netsil

本日Nutanixは、現代の分散型クラウド環境で最先端の可観測性を提供するアプリケーションディスカバリーおよび運用管理のNetsil Inc.を買収する最終合意に調印したことを発表しました。Netsilとともに、ワンクリックのシンプル性を持つアプリケーションの可視性、セキュリティ、インサイトを顧客に提供し続けることができます。本買収は、慣習的な買収条件を満たした後に完了する見込みです。

過去数年間、Nutanixは企業がプライベートクラウドとハイブリッドクラウドを構築する最良の方法となっています。オープンプラットフォームのアプローチとユーザーエクスペリエンスへのこだわりを維持しながら、コンピューティング、ネットワーキング、ストレージ(Acropolis)、仮想化(AHV)、運用管理(Prism)におよぶソフトウェアにデータセンタースタックの多くを集約したのです。

マルチクラウド・プラットフォームの採用が増加するにつれ、運用管理に対する一貫したアプローチの欠如は大きな問題となり、不必要な複雑さの原因となっています。従来のIT管理者とdevopsの両アプリケーション所有者は、利用しているクラウドのインサイトと管理制を強化したいと思っているにも関わらず、これらの環境での既存のインタラクションを把握するのに苦労しています。結果として、ブラウンフィールド(利用されなくなった部分)の可視性とアプリケーションの検出能力が非常に重要になります。次第に、当社が提供するインフラストラクチャーとアプリケーションにおける分析、トラブルシューティング、修復、最適化に対するワンクリックのシンプルさをマルチクラウド環境にも対応するよう当社のお客様、パートナー様よりご要望いただくようになりました。
同時に、アプリケーションの状況も変化しています。コンテナとマイクロサービスは、アプリケーションを構築するための新しいパラダイムであり、独立したリリースサイクルを持つ小さな自己完結型コンポーネント、懸念点の明確な分離、APIファーストデザインなどの多くの利点を提供します。しかしながら、結果として、アプリケーションのトポグラフィとインタラクションは急速に変化しています。アプリケーションレベルの可視性と制御は、サービス間のインタラクションを視覚化し、それらを保護し、パフォーマンスのボトルネックを見つけ、発生する問題を解決する重要な問題になります。これまでのコード中心の監視ツールではもはや十分ではありません。

最新のアプリケーションを監視する際のもう1つの問題は、膨大な量のデータです。アプリケーションを構成する数百または数千のマイクロサービスでは、この量のデータをリアルタイムで把握することは、分散しスケーラブルに設計されたシステムを必要とします。

Netsilは、従来の仮想化されたアプリケーションと最新のコンテナ化されたアプリケーションの両方でこの問題に対処する独自のテクノロジーを開発しました。長年の研究により構築されたNetsilの製品は、アプリケーションに完全な透過性を維持しながら、パフォーマンスとスケールを達成するための新しいアルゴリズムを組み込んでいます。これは、APIコール、データベースコール、およびアプリケーションコンポーネント間のその他の通信を確認する非侵入型スケールアウトネットワークサービスとして展開されます。この収集された情報を使用して、コンテキスト・マップとアプリケーションの重要なパフォーマンス指標を提供します。コードに埋め込まれたエージェントやコードの変更は必要ありません。透明性のあるこのアプローチは、それ自体革新的ですが、Netsilは他の技術よりも数倍のスピードを達成できる高性能アプリケーションレイヤートラフィック分析のカスタムアルゴリズムを開発しました。

Netsilの買収が完了すると、NutanixのEnterprise Cloud OSを補完し、インフラストラクチャーからアプリケーション、ハイブリッドクラウドまで、あらゆるレイヤーに可視性とコントロールを強化します。アプリケーションの稼働時間と信頼性を監視し、パフォーマンスの問題に対してトラブルシューティングと修正を行い、マルウェアや悪質な物からアプリケーションを保護することを可能にします。

NetsilチームをNutanixファミリーに歓迎し、これらの新しい機能を皆さまにお届けできるよう取り組んでいきます。詳細については、www.nutanix.jp/netsil をご確認ください。

 

Forward-Looking Statements

This blog contains express and implied forward-looking statements, including but not limited to statements relating to the closing of the Netsil acquisition, the impact of the Netsil acquisition to our business, our plans to introduce product features in future releases, including the integration of Netsil’s products into our offerings, and our ability to successfully integrate Netsil and its employees and intellectual property. These forward-looking statements are not historical facts and instead are based on our current expectations, estimates, opinions, and beliefs. Consequently, you should not rely on these forward-looking statements. The accuracy of such forward-looking statements depends upon future events and involves risks, uncertainties, and other factors beyond our control that may cause these statements to be inaccurate and cause our actual results, performance or achievements to differ materially and adversely from those anticipated or implied by such statements, including, among others: failure to close, or unexpected difficulties or delays in closing, the Netsil acquisition; failure to develop, or unexpected difficulties or delays in developing, new product features or technology on a timely or cost-effective basis; delays in or lack of customer or market acceptance of our new product features or technology; our ability to successfully integrate Netsil’s employees and intellectual property; the possibility that we may not receive anticipated results from the Netsil acquisition; the introduction, or acceleration of adoption of, competing solutions, including public cloud infrastructure; and other risks detailed in our Quarterly Report on Form 10-Q for the quarter ended October 31, 2017, filed with the SEC on December 13, 2017. Our SEC filings are available on the Investor Relations section of the company’s website at ir.nutanix.in and on the SEC’s website at www.sec.gov. These forward-looking statements speak only as of the date of this blog and, except as required by law, we assume no obligation to update forward-looking statements to reflect actual results or subsequent events or circumstances.